結婚式祝辞とは何か?

結婚式祝辞とはなんでしょうか?

結婚式の祝辞とは、結婚式や披露宴の際に、新郎新婦の友人や上司親戚が、新郎新婦に対して贈るお祝いの言葉のことです。

友人代表のメッセージや上司からの挨拶というのがそれに当たりますね。

結婚式や披露宴の会場でスピーチや挨拶という形で祝辞をのべることもありますし、電報を送るという形で結婚式の祝辞とすることもあります。

結婚式祝辞を贈られるのは、もちろん新郎新婦です。それはそうですよね、結婚式の祝辞なのですから。

では、結婚式の祝辞を贈るのは誰なのでしょうか?これはいろいろなパターンがあり、難しいですよ。

よくあるが来賓や主賓ですね。来賓というのは結婚式や披露宴に来てくれたお客さんのことです。新郎新婦の友人、友達であったり叔父さん、叔母さんなどの親族や会社関係の上司や同僚とか後輩がそれに当たります。

そして主賓は、その中でも最も主だった人です。私も友人の結婚式にでる前はこの主賓というのが良くわからなかったのですが、会社の上司の中で最も偉い人や恩師であったりというケースが多いようですね。主賓はまあ必ずといっていいほど、結婚式の祝辞を述べます。

それと他には誰が結婚式の祝辞を述べるかというと、友人や同僚とか同期入社の友達とかでしょう。小学校時代の友人からはじまり、中学校時代、高校時代、大学時代と多くの友人がいる中で新郎新婦がお願いや依頼をして祝辞を頼むのです。

そう、結婚式の友人のあいさつというのは実は祝辞に入るんですね。

はい、結婚式の祝辞というものが少しはわかっていただけたかと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。