来賓の例文文例を考える

来賓の結婚式祝辞ということで、来賓の方の参考になるように結婚式祝辞を考えてみます。

主賓や友人、上司のコーナーも作る予定ですのでそちらも楽しみにしてくださいね。

まず、結婚式祝辞を述べる来賓とは誰かについてです。上司と友人はわかりやすいですからそれ以外の方で主賓の一名ずつを除いた方が来賓となります。

例えば、親族や親戚の方、学生時代の恩師、会社の先輩や仕事の取引先の方などが来賓にあたります。

結婚式の祝辞を考えるときに重要になるのがエピソードだとお話しましたが、新郎(新婦)との関係に応じてエピソードを作りましょう。

親族や親戚であれば、小さい子どものときのエピソードを交えるのがいいでしょうね。あのやんちゃだった子がこんなに立派に成長して〜みたいなトーンで祝辞を考えてみてはいかがでしょうか?

学生時代の恩師であれば、クラスの中ではこんな存在だった。例えば文化祭のときは〜など、部活の顧問の先生なら彼(彼女)はチームのムードメーカーでどんなつらい練習のときも笑顔を絶やさなかったというのも来賓の結婚式の祝辞としていいかもしれませんね。

会社の先輩や取引先であれば、熱心な仕事ぶりにいつも感心しています。先日のプロジェクトでは彼のこんなアイディアでこういう素晴らしい成果がでたなどといった具合です。

来賓の結婚式祝辞の参考になれば嬉しいです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。