主賓の注意点

主賓の結婚式祝辞の例文・文例についてお話します。今回は、主賓の方の参考になるように、結婚式祝辞を考えていきますね。

はじめにいっておきますが、主賓の結婚式祝辞は最も難しいです。主賓とは参加者の中で最も優遇されているので、新郎新婦をはじめとして、会場全体が主賓に注目しているからです。

また、主賓は乾杯の挨拶が終わったあと、一番最初の祝辞を述べますから結婚式の雰囲気がかたいのです。

トップバッターであるという重圧と戦いながら、場の雰囲気を和ませるという重要な使命も持っています。それが主賓なのです。

それに、新郎側は伝統ある大企業に勤め、新婦側は若いベンチャー企業やアパレル関係に勤めているという場合、新婦側の主賓は大変です。自分よりはるかに年配のかたがたが並ぶ中で主賓として祝辞を述べなくてはならない場合があるのですから。

と、ずいぶん脅かしてしまいましたが、そんなに緊張なさらないでくださいね。

もう一つ主賓の結婚式祝辞で気をつけてほしいことがあります。それは冒頭の挨拶です。主賓は来賓の中で最も優遇されているポジションです。結婚式にはもっと年配の方もいらっしゃるかもしれません。「このような大役を任され大変恐縮しております。僭越ながらお祝いの言葉を述べさせていただきます。」のような一言をそえてみましょう。

主賓は、会社の上司がなる場合が多いので、上司の結婚式祝辞のページで例文・文例を考えてきますね。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。