こんなことに気をつけよう

結婚式祝辞をつくる上での注意点をお話させていただきます。

以下にやってはいけない点をまとめましたので、気をつけながら結婚式の祝辞を考えてくださいね。

1、要点がなく、話が長い

結婚式の祝辞で何を伝えたいのかわからずだらだらと話が続くというケースです。本人としては、新郎(新婦)の魅力をいろいろ伝えようとしているのかもしれませんが、要点がはっきりしないため、だれてしまいます。

長さは3分から5分程度、エピソードは一つで伝えたいポイントも一つというように絞ってみて下さい。

2、会社の宣伝ばかりする

結婚式の祝辞が新郎(新婦)の上司だった場合、特に中小企業の社長さんなどの場合によくみられます。新郎(新婦)の紹介をしているか会社の宣伝をしているのかわからない場合さえあります。

あくまで結婚式の祝辞であるというのを忘れないでくださいね。(笑)

3、忌み言葉やふさわしくない言葉を使う

若い方によくありがちなのが、結婚式祝辞にはマナー違反とされている忌み言葉を使ってしまうことです。わかりやすいのは、病む・倒れる・死ぬなどの不吉な言葉や別れるや失うなどの二人の縁が切れるのを連想させる言葉です。

意外と気付かれていないのが、たびたびや重ね重ねなどの同じ言葉を二回繰り返すものです。これは、再婚を連想してしまうので、結婚式祝辞にはふさわしくないとされているのです。

エピソードで盛り上げよう

さて、今回は結婚式祝辞のクライマックス、エピソードのつくり方についてお話させていただきます。

結婚式祝辞は3部構成でするとよいと前回お話しましたが、真ん中のエピソードは言うまでもなく最も重要なパートです。結婚式の祝辞の中での山場・クライマックスといってもいいかもしれません。

ポイントはいくつかありますが、新郎(新婦)のよいところを伝えるということや新郎新婦の仲むつまじさを伝えるということなどではないでしょうか。

結婚式の祝辞をのべるあなたが友人であれば新郎(新婦)とであったときの印象であったり、共にすごしたコミュニティ(高校・大学のサークル、会社など)で新郎(新婦)が頑張っていたことや人柄のよさが伝わること、あなたが上司であれば、新郎(新婦)の働きぶりや成果などをエピソードにしてみるのがいいと思います。

共通の友人であれば、二人が出会った時の話やアプローチの方法なども面白いかもしれません。

また、普段は直接相手には言わないが、相手のことをこんなふうに思っているというのを聞いたとか、一緒にいるときに相手を気遣っているというような内容もいいですね。

ポイントは、自分だけが知っているエピソードで新郎(新婦)のよさが伝わるということでしょうか。

あまり格式ばった会、年配の参加者が少ない会であれば、失敗談を用いて笑いをとりにいくという路線もありますが、その場合でも最後は新郎(新婦)のよさが伝わるものにしましょう。

結婚式の祝辞をうまくまとめることができれば、会場のも盛り上がりますし、新郎新婦も喜んでくれます。もちろんあなたの株も急上昇ですよ(笑)

素敵なエピソードで、心に残る祝辞を考えてみて下さいね。

構成を考える

結婚式の祝辞の作りかたについてお話します。

まず結婚式の祝辞の内容を考えるコーナーと、スピーチや挨拶の話し方を考えるニ部構成にしましょうか。

この結婚式祝辞のつくり方のカテゴリでは、内容についてお話しますね。

結婚式の祝辞で大切なのは祝辞やスピーチの構成とエピソードです。構成をしっかり考えて、その人特有のエピソードを交えてお祝いの言葉を贈るとしっかりとまとまります。

今回はその結婚式祝辞の構成について、お話しますね。

結婚式の祝辞で最もポピュラーな構成は、次の3部構成です。注意点とあわせて紹介しますね。

1、自己紹介とお祝いの言葉
 私○○くんの大学時代の友人の□□と申します。○○くん・△△さんご結婚おめでとうございます。という冒頭の言葉です。ポイントは自己紹介は簡潔に行うことと二人とも下の名前で呼ぶことです。例えば新郎の友人で新婦とはあまり面識がなかったとしても、旧姓で呼ばずに下の名前で呼びましょう。

2、エピソード
 新郎側の友人であれば新郎の、新婦側の友人であれば新婦を中心としたエピソードを考えましょう。二人の共通の友人であれば二人の出会いなどを祝辞とするのもいいかもしれませんね。

 新郎側、新婦側から一人ないしは二人ずつの祝辞があるのが一般的なので、自分の友人のほうのエピソードを話しましょう。ここについては大切なので別の回に詳しくお話しますね。

3、結びの言葉
 ○○くん・△△さん、いつまでもお幸せにという内容の言葉です。簡潔なのは大切ですが、あまりに短すぎるのもしまりがありません。結婚式の祝辞ですから、最後にギュッとひきしまるのがいいですね。例えば新郎の友人であれば、△△さんのことで頭がいっぱいだと思いますがたまには遊んでくださいとか、上司であれば仕事でのますますの活躍を期待していますなどがいいではないでしょうか?

このような構成を参考に結婚式祝辞を考えて見て下さい。

結婚式祝辞とは何か?

結婚式祝辞とはなんでしょうか?

結婚式の祝辞とは、結婚式や披露宴の際に、新郎新婦の友人や上司親戚が、新郎新婦に対して贈るお祝いの言葉のことです。

友人代表のメッセージや上司からの挨拶というのがそれに当たりますね。

結婚式や披露宴の会場でスピーチや挨拶という形で祝辞をのべることもありますし、電報を送るという形で結婚式の祝辞とすることもあります。

結婚式祝辞を贈られるのは、もちろん新郎新婦です。それはそうですよね、結婚式の祝辞なのですから。

では、結婚式の祝辞を贈るのは誰なのでしょうか?これはいろいろなパターンがあり、難しいですよ。

よくあるが来賓や主賓ですね。来賓というのは結婚式や披露宴に来てくれたお客さんのことです。新郎新婦の友人、友達であったり叔父さん、叔母さんなどの親族や会社関係の上司や同僚とか後輩がそれに当たります。

そして主賓は、その中でも最も主だった人です。私も友人の結婚式にでる前はこの主賓というのが良くわからなかったのですが、会社の上司の中で最も偉い人や恩師であったりというケースが多いようですね。主賓はまあ必ずといっていいほど、結婚式の祝辞を述べます。

それと他には誰が結婚式の祝辞を述べるかというと、友人や同僚とか同期入社の友達とかでしょう。小学校時代の友人からはじまり、中学校時代、高校時代、大学時代と多くの友人がいる中で新郎新婦がお願いや依頼をして祝辞を頼むのです。

そう、結婚式の友人のあいさつというのは実は祝辞に入るんですね。

はい、結婚式の祝辞というものが少しはわかっていただけたかと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。